2018年02月10日

理学療法士・作業療法士の国家試験まであと15日

こんにちは

岩手の川久保病院リハビリテーション科で
理学療法士をしています坊主の吉田です

徐々に春に向かって暖かくなっていくんだろうなぁ
と感じているこの頃です

さてさて、
理学療法士・作業療法士の国家試験が、
徐々に近づいてきましたね

理学療法士・作業療法士は、
25日(日)が試験ですね

その前に
言語聴覚士の試験が、
17日(土)に開催されます

いずれにしても、
国家試験というのは、
緊張をするものだと思います

そして、
今まで積み重ねてきたものを信じる
自分を信じぬく
そういうことでもあると思います

受験生のみなさんは、
起床時間のコントロールや、
体調管理には十分に気を付けてほしいと思います

東北の方々は、
仙台での受験になるので、
前日移動で羽目を外さないようにしたり、
遅刻したりしないように、
安全に会場まで移動してもらいたいと思います

みなさん頑張ってほしいと思います!!


それでは、本日はこの辺でぇ〜
でわでわぁ(@^^)/~~~

岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田裕也
posted by 川久保病院リハビリ at 10:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

回復期リハ協会の研究大会 in 岩手!!

こんにちは

岩手の川久保病院リハビリテーションで
理学療法士をしています坊主の吉田です

冬になると活動性が低下して、
筋力低下などが懸念されるので、
家の中でも脚が重たくなるまで運動したいですね


さて、先日の
2月2日〜3日の日程で、
回復期リハビリテーション病棟協会の第31回研究大会が
岩手県で開催されました

今回のテーマは、
「回復期リハ病棟の理想郷(イーハトーブ)を考える」
 〜診療・介護報酬同時改定を見据えて〜
DSC_2783.JPG
大会長は、
いわてリハビリテーションセンター理事長の
大井清文先生でした

会場は、
マリオスやアイーナの2会場を使って行われました

全国規模の学会や研究会を行うことも、
各所でちらほらありますが、
場所の問題はいつも付きまといますね

2日は非常に天気に恵まれて岩手山もくっきり見えました
県外の方からも、
「岩手山きれー」という声も聞かれるほどでした

ですが、写真は撮り忘れました・・・

さてさて、本題ですが、
当院からは3演題
リハからは2演題の発表がありました


2日のポスター発表は、
理学療法士の荒川博志さんです

テーマは、
「離床センサー使用時における転倒転落の要因分析」
DSC_2757.JPG
始まる前にはしっかりと胸郭を伸ばして、吸気を増やしていました


DSC_2758.JPG DSC_2763.JPG
質問も出たり、
発表が終わった後も話をしたりしていました

DSC_2754.JPG
記念にポスターと一緒に写真をとりました


3日のポスター発表は、
作業療法士の藤原宏太さんです

テーマは、
「当院における新人教育の到達目標の評価
 〜具体的な目標設定を目指して〜
DSC_2774.JPG
発表前の後ろ姿

DSC_2777.JPG DSC_2778.JPG 
新人教育という内容だったため、
終わった後の座長や聞いている人のやりとりでも、
学ぶことが多くあったようです

DSCPDC_0001_BURST20180203105742415_COVER.JPG
そして、記念にポスターとパチリ


私自身は、
自分たちが実践していることが、
必ずしも劣っているわけではないので、
それをきちんとデータ化したり、分析する

そういう作業がもっと必要なんだと感じました

これを習慣にしていきたいなと思います

来年度は、
ホテル・ミラコスタを会場にするということで、
立地としても多くの人が集まるんだと思います

その中で発表し、情報交換などができると嬉しいなぁと思います
次年度の準備もしていかないとですね・・・

そして、
全国規模の研究会を岩手で開催するにあたって、
尽力してくれた事務局やスタッフのみなさま、お疲れ様でした
とてもいい学びの機会になったと思います

それでは、本日はこの辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~


岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田裕也
posted by 川久保病院リハビリ at 10:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

尾形先生学習会


こんにちは😃
作業療法士の田中です。

1月に尾形Drの「心不全」や「糖尿病」についての学習会がありました。
今回はリハビリのスタッフだけでなく、看護師や栄養士など他職種のスタッフも多く参加しました。

DSCF5426.JPG


DSCF5428.JPG

DSCF5427.JPG

医療現場では心不全や糖尿病の方と関わることが多いため、尾形Drの学習会に参加してみて
新しく知る内容や、禁忌を再確認をすることが出来ました。

その中でも、アルツハイマー病にはインスリンが関わっている
ということに驚きました。

ざっくり説明すると、脳神経細胞は常に糖を取り込まないと
いけないことが関係しているようです。

また重傷の低血糖は脳神経細胞にダメージを与え、重症低血糖のある人は
無い人に比べて、認知症の発症リスクが約2倍になるという報告があるそうです。

リハビリでも糖尿病の方に対しては昼前には訓練に入らないなど
考慮をしていますが、低血糖症状を起こすことで認知症が
進むということは知らなかったので、今後診療に入る際は
より注意を払っていきたいと思います(^^)!

それではこの辺で
posted by 川久保病院リハビリ at 18:18| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする