2016年11月24日

職員採用を更新しました

こんにちは


岩手の川久保病院リハビリテーション科で

理学療法士をしています坊主の吉田です


岩手県ではインフルエンザの流行が全国平均より早くなっています

また、例年より流行が早いようなので、

予防接種を予定している方は早めの接種がおすすめです


また、予防接種だけでなく、手洗い、うがいをして予防しましょう。


ちなみに、当院でもインフルエンザの予防接種が行えます!!




さて、職員募集について、

募集要項が変更になったのでお知らせします


川久保病院 リハビリテーション科 職員採用案内



現在の新卒の募集は、

作業療法士 1

言語聴覚士 2



試験日などについては、随時にはなりますが、

日程などは相談させてください




川久保病院では、


常勤医師

看護師

看護補助スタッフ

保育士


の募集も行っています


リンクを張っておきます

川久保病院職員募集



検討されている方は、

見学にきてみてもいいかもしれません



それでは、本日はこの辺でぇ

でわでわぁ(@^^)/~~~



岩手 川久保病院 リハビリテーション科

 理学療法士 吉田裕也



posted by 川久保病院リハビリ at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

部門別学習会(11月)

こんにちは


岩手の川久保病院リハビリテーション科で、

理学療法士をしている坊主の吉田です。


坊主と言っても、6mmです。


一般的に坊主というと、1mm2mm3mmってのもありますが、

青くなるので・・・

5厘とかもたまにはいいかもしれませんが・・・




さて、10月の部門別で学習会を実施しましたので、報告します


それぞれのテーマは・・・



理学療法士

「心不全(専門チーム報告)

 IMG_1743.JPG


IMG_1744.JPG




作業療法士

「作業療法と自動車運転(全国学会報告)

 IMG_1745.JPG



言語聴覚士

「情報処理モデルをみながら障害メカニズムを分析する

 例えば、音韻性錯誤のルートなど

IMG_1741.JPG


でした



今回は、中抜けして作業療法士の写真も撮ってきたので、作業療法士のもあります

いつもお願いはしているのですが、願いが叶わないので・・・



今日は、学習会の内容ではなく、リハビリテーションについて簡単に書きたいと思います

詳しくは、後日記事にするかもしれません


理学療法士だとか、

作業療法士だとか、

言語聴覚士だろうと患者さんにとっては、

それぞれの職種が何をする人かイメージがつきにくいかと思います


例えば、

医師や看護師であれば、

やっていること、やってもらえることの一般的イメージがありますが、

理学療法士などにはそれがないと思います


あって、せいぜい「リハビリをする人」

って感じですかね


このリハビリって言葉を考えたときに、概念や概論としては、

「全人間的復権」なんて一言で言われることがあります


おー、なんか壮大な感じですね


リハビリテーションとは、単なる機能訓練を示すわけではなく、

その人らしい暮らしの実現を言うと私は思っています


その人らしい暮らしは、患者さんや利用者さんのものです


だとすれば、リハビリは受けるものではなく、

自らが行うものであると言えますし、

どんな生活をして生きていくのかってことを考えることでもあると思います



言葉の違いだ!!

と言われるかもしれませんが、

この違いが非常に大きいなと感じる今日この頃でした


介護報酬の見直しの中でも、

地域包括ケアシステムに言われる「自助・互助」の概念が多く含まれてくると思います


自助・互助の良い面もあると思いますが、

究極的には自己責任という流れが強くなってきています


お金がないと受けられない医療・介護が増えないといいなぁとも思います


ちょっと脱線してしまいましたが、

私たち医療者を取り巻く環境も変化していますが、

その先に患者さんを取り巻く医療と介護、福祉などの環境も変わろうとしています


本当によかったか、悪かったのかはしばらく経たないと分からないと思いますが・・・

気を付けてみていきたいですね


最後になりましたが、ちょっと医療福祉生協の健康観を紹介します

「昨日よりも今日がさらに明日がより一層意欲的に生きられる。そうしたことを可能にするため、自分を変え社会に働きかける。みんなが協力しあって楽しく明るく積極的にいきる。」


主体性のある前向きな健康観ですね




それでは、本日はこれまでぇ

でわでわぁ(@^^)/~~~



岩手 川久保病院 リハビリテーション科

 理学療法士 吉田裕也


posted by 川久保病院リハビリ at 19:13| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

循環器を学ぶ(11月科内学習会)

こんにちは


岩手の川久保病院リハビリテーション科で

理学療法士をしています坊主の吉田です


盛岡では、紅葉が終わっているところと、

これからのところが混在していて色味のある街並みになっています


それも、またキレイですね


そして、岩手山が雪化粧をはじめています

個人的には、雪化粧の岩手山の方が好きです



さて、先日行った学習会の報告です


テーマは、

「見て見ぬふりから抜け出す住宅循環講座」

ということで、

離床研究会で主催している研修の報告でした


IMG_1738.JPG


最初に、

サルコペニアフレイルティについての説明がありました


最近、「フレイル」という概念も聞くようになりました


両者は、混在しているということになりますが、

個人的にはまだ、いまいち釈然としない気持ちが残っています。


言葉が先行しており、その定義がすごくあいまいなような気がして・・・

まぁ、理解できていないってことだと思います



そして、心臓の構造や心不全、フィジカルアセスメントについて学びました


心臓を含む循環器系は、運動を考えるときには必須です


運動をしたときに、どのようなことが起こっているのかを理解していないと、

運動によって状態が悪化するということだって起こります


そのためには、指標の理解やフィジカルアセスメントができないといけません


今回学んだことを、

「あー勉強になった」

「わかりやすかった」

だけで終わらないようにしていきたいと思います


まずは、自分が関わる患者さんの情報を読み解いていきたいと思います



講師をしていただいた高橋成美さん(理学療法士)です

IMG_1740.JPG

わかりやすく伝えてくれてありがとうございました!!


業者対応で遅れて参加した人は、座るところが無くてこんな感じに・・・

IMG_1739.JPG 

イス

大事です




それでは、本日はここまでぇ

でわでわぁ〜(@^^)/~~~


岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田裕也
posted by 川久保病院リハビリ at 12:00| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする