2017年02月06日

回復期セラピストマネージャー(TM)への道

こんにちは


岩手の川久保病院リハビリテーション科の

理学療法士の坊主の吉田です


複数の人が投稿というか、

アウトプットできるように係にしようかなぁなんて思っています


得意な人はいるかなぁ?(#^.^#)



さて、報告ですが、

当院にも回復期セラピストマネージャーが誕生しました!!


残念ながら、授賞式に出席することはできなかったのですが、

さっそく手紙が届いていました


その中には、セラピストマネージャー(TM)のバッチと認定書や、

規則やらなにやら入っていました


記念に荒川さんの写真をパチリ

 IMG_1821.JPG

ステキな笑顔というか、ひきつっているというか・・・

私は好きですけどね

そして、のぞいている人がいますね( ゚Д゚)



IMG_1822.JPG

早速、バッチも名札につけました



回復期セラピストマネージャーとはなにかというと・・・

入院患者及びその家族に対する質の高いリハビリテーションサービスの提供は当然のこと、人的・環境的リスクに関するリスク管理及び多職種との協働、さらに病棟運営に寄与し組織管理を実践できる回復期リハビリテーション病棟におけるセラピスト

(回復期リハビリテーション病棟協会より抜粋)

ということになります


その目的のために、

研修は合計18日間にもおよび開催されました


すごいですねぇ



受講する前に申し込み用紙があるのですが、

その1項目に素敵な文章があります


「本認定セラピストの趣旨を理解し回復期リハビリテーション病棟の質向上に対し強い意志を有している」


すごいですね

趣旨を理解して・・・

強い意志を持っている


これは、素敵なことですね


いろいろな試験や、

就職でも同じことが言えるのかもしれませんね


「これに同意する者が受けられる」という

強いメッセージを感じます




それでは、合格者の荒川さんからのコメントです

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


理学療法士 荒川博志


研修では本当にたくさんのことを学びました。

このような研修の機会を得られたことに感謝しています。

学んだことをしっかり活かして、

求められるセラピストマネージャーの働きができるように頑張ります


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



強い意志を感じますね!!



それでは、とりあえずここまでぇ

でわでわぁ(@^^)/~~~




岩手 川久保病院 リハビリテーション科

 理学療法士 吉田裕也


posted by 川久保病院リハビリ at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

退院後にどうなっている?〜科内学習会〜

こんにちは


岩手の川久保病院リハビリテーション科で
理学療法士をしている坊主の吉田です

盛岡でも雪が降り、
雪国らしくなってきましたね

個人的には、雪が好きなので嬉しいですが、
冬や雪が嫌いな人にとってはきびしいかもしれませんね


さてさて、本日は学習会の内容です


昨日、「介護保険」というテーマで、
通所リハビリや訪問リハビリのスタッフから、
事例報告がありました
IMG_1823.JPG

IMG_1824.JPG

IMG_1825.JPG

IMG_1823.JPG

IMG_1827.JPG
それぞれの担当者患者さんについて、まとめて発表してくれました


在宅で生活するってことは、
大変なことであると同時に、
意外といろいろな方法で生活できるんだなと感じました

さらには、想定していたよりも役割が増えていたり、
家族を喜ばせてみたり、
いろいろなことを考えて、
試行錯誤しながらいろいろとやっているんだな
すごいなーと感じました


本人に意欲などがあれば、
自分の生活に興味をもって、
こうしたらいいんじゃないか
こうできたらいいんじゃないか
って考えられるんだなぁと・・・

印象的だったのは、
「入院中から言われていた」という患者さんの言葉です

入院中に注意を促すことや、
考えてもらうことを行った結果として、
帰ってからも意識できる

これって入院中にしつこく、
あきらめずに関わった結果だと思います

こういうことを継続して、
患者さんが自ら問題解決に向かえるように支援する
そんなことを、入院から考えていければいいなぁと思いました


究極的なことを言えば、
帰ってみないとわからないって要素があります

だとすれば、入院中には想定できることはできる限り確認し、
対応を検討しておくことが必要なことかもしれません



在宅でのリハビリテーションは、
リハビリテーションの概念を考えさせられます

リハビリテーションとはなにか・・・

患者さんのQOLをあげるという側面もあると思います
QOLといえば、幸せ、満足、調和でしょうか
それらを大事に取り組んでいくことが必要だと感じました

報告してくれた方々ありがとうございます。
IMG_1828.JPG
ステキですね


それでは、この辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~



岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田裕也

posted by 川久保病院リハビリ at 09:21| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする