2017年05月31日

勤続年数の表彰!!

こんにちは


岩手の川久保病院リハビリテーション科で

理学療法士をしています坊主の吉田です


坊主の髪を伸ばしたら、さらさらヘアーになるのか・・・



さて、先日勤続年数の表彰が行われました


20年勤続の看護師さんもいました。

20年・・・自分たちが歩んできた道の倍です、歴史や背景を感じ、尊敬します。


さてさて、リハビリテーション科では、10年の勤続が表彰されました

IMG_1953.JPG


IMG_1956.JPG


IMG_1954.JPG


総勢7名!!

IMG_1960.JPG

(写真は今日もらった職員で撮りました

 リハだけじゃないですよ!!


10年・・・

金属で言えば、劣化・・・

勤続で言えば、いい時期


そんなところなのかもしれないですね


自分たちができることを、精一杯やっていく

それでいいんだと思います


ただ、この「できること」ってのがやっかいですよね


ただただ「できること=やれること」をやっていても、

成長ってしにくいのかもしれないですね


自分の枠内ばっかりでは、

枠内の事はうまくやれるようになるけど、

それ以上でもない



それを極める方法もあるとは思いますが・・・



「できること」を増やしていく、

枠を広げていく

そういうつもりで関わっていく事が、

仕事としては大事だと思っています



与えられた機会で、成果を上げる

それによって、成長する機会を与えられやすくなる


それを、繰り返していくことでいろいろな差が出てくると思います


そしてなによりも、仕事を楽しむ!!

そういう姿勢は忘れずにいきたいものです


つらいこともあるかもしれませんが、

それでも楽しもうとする


まじめに遊ぶ


そんな感じなのかもしれないですね




それでは、本日はこの辺でぇ

でわでわぁ(@^^)/~~~



岩手 川久保病院 リハビリテーション科

 理学療法士 吉田裕也

posted by 川久保病院リハビリ at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

5月科内学習会 〜はなみずきについて〜

こんにちわ!

川久保病院の理学療法士の西條です




今回はいわて共同福祉会で行っている活動の「特別養護老人ホームはなみずき」について

盛岡医療生協の特養準備室の田山千晶さんを講師としてお招きして学習会を行いました。




みなさんは「はなみずき」をご存じですか?

従来型の特別養護老人ホームではなく、ユニットケア型特別養護老人ホームになる予定です!




従来型の特別養護老人ホームでは、在宅介護が難しくなった方の


・食事

・排泄

・入浴


といわれる3大介護を提供する施設であり、家族介護の代行的な役割を担っていました。





ではでは、

ユニット型とはどのような施設なのか?




簡単に説明すると

自宅での暮らしの継続を目的としており、精神的な面から身体的な面までその人を丸ごと受け入れ

“生きること” や “死ぬこと” すべてを支えることが概念である施設



深い話ですね!

こちらの都合で行ってもらうのではなく、利用者の時間軸に合わせて行えるというのが

良い特徴だと思いました!





では、どんな人がはいれるのか?



要介護認定を受けている方で

「 要介護3以上 」の方が入居の対象者となります!




2018年3月に南仙北にオープン予定です





今回の学習会でどのような施設が建つ予定なのか、どのような目的があるのかなどを知る機会となり、

私自身も財政活動などに協力していきたいと思いました!




IMG_1942.JPG

IMG_1943.JPG




それではまた(^^)/


続きを読む
posted by 川久保病院リハビリ at 13:02| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

車いすってどう介助するの?

こんにちは


岩手の川久保病院リハビリテーション科で

理学療法士をしています坊主の吉田です


最近温かくなってきたので、

そろそろBBQの季節ですね


さてさて、先日リハビリテーション科の

理学療法士の盛内優和さんです


「さん」と付けましたが男性です!



まずは、車いすのパーツの紹介から

IMG_0685.JPG


IMG_0691.JPG


IMG_0701.JPG

操作方法を伝えたり、


IMG_0704.JPG


IMG_0709.JPG

移乗動作などなどを行いました


事務の方々の反応も良く、

うなずいていたりしたので、

きっと盛内くんもやりやすかったと思います


緊張で、若干の汗は書いておりましたが・・・


そんな盛内くんの感想です


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

理学療法士 盛内優和


 今回は、主に車いすの名称確認、操作説明、移乗動作方法を中心に説明を行いました。車いすの名称確認・操作説明では、みなさんからの「へー」という声が多く、基本的なことを知る機会になったと思います。特に車いすのふっとプレートやブレーキについては、一歩間違うと転倒する危険性が高くなるため、その点は重点的に伝えるようにしました。身振り手振りしながら、ふっとプレートやブレーキなどの管理不足における転倒リスクを伝達できたと思います。移乗方法については、一通り介助指導しましたが、時間が限られていたこともあり実際に移乗動作の介助を行ってもらう機会を作れませんでした。実際に体験してみないと覚えにくいと思うので、次回があるのならば体験してもらいたいと思いました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


個人的には、

事務の方々がぐったりしている人を安全に不快なく、

移乗することを考えているのを知り、

嬉しかったです


実施する回数と頻度が少ない事務の方々ですが、

一緒に考えていければいいなと思いました



それでは、今日はこの辺でぇ

でわでわぁ(@^^)/~~~


岩手 川久保病院 リハビリテーション科

 理学療法士 吉田裕也


posted by 川久保病院リハビリ at 16:06| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする