2018年01月20日

2018年 1月部門別学習会


こんにちは!作業療法士の田中です😃
私の記事では2018年の初更新です。

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします(*^^)

今回は1/18に部門別学習会を行いました!
理学療法士は「車椅子調整について」作業療法士は「事例検討」を行いしました。

事例検討は2名の先輩が事例発表をしてくれました。
まずは「上肢機能獲得に向けて行動変容に介入した症例」として
回復期病棟で勤務している作業療法士の先輩の発表がありました。

DSCF5244.JPG


脳梗塞を発症して右上肢麻痺を呈した症例について
動きは良いものの、麻痺があることで使用できないと認識してしまい、
生活場面で使用できていない状態であった症例に対し
どこで使用していないか細かく分析し、本人に状況を
説明しながら介入を進めたことで日常生活場面でも使用機会が
拡大した症例について発表してくれました。

下の写真で緑から青になった部分が使用できるようになった部分です!!
例)箸を使用しているか
  売店で右手を使用しているか

など細かく日常生活場面での使用を分析しています
本人とこのように話し合いながら訓練を進めたことで
実用手に繋がった事例を聞いて私も真似してみようと思いました!

患者さんの意欲にも繋がるように使用していきたいと思います。
DSCF5246.JPG

次に、通所リハビリで勤務している先輩は
「若年脳疾患患者に対する役割の獲得や参加拡大に向けたデイケアでの関わり」を
テーマに発表をして下さいました。
DSCF5248.JPG

DSCF5249.JPG

この症例は4か月間リハビリを行い、退院後に通所リハビリを利用しています。
その中で病棟生活とのギャップ、入院生活では出来ていたことが自宅では出来ない
など戸惑いながら生活を行っており、その中で通所リハビリで出来ないことに対して
アドバイスや動作確認を行うなどフォローアップを行っているとのことでした。

その発表を聞いて私は病院生活で訓練を進めて生活できたからと言って
実際場面(自宅)で出来ないのであれば、リハビリとは何の意味があるのか?と
疑問が生まれました。

生活に繋げる為にも、自宅での生活状況や環境を詳しく収集するのはもちろん、
積極的に外泊なども勧めて課題を見つけて訓練に活かしていきたいなと強く思います。

通所リハビリ、回復期病棟と分野は違いますが
発表を聞いて参考になる部分が多く、勉強になりました。

今年も多くの患者さんを自宅退院に向けて支援できるようにしていきたいと思います。

それではこの辺で!!
続きを読む
posted by 川久保病院リハビリ at 18:01| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

2018年 1月科内学習会

新年明けましておめでとうございます!!!
リハビリテーション科の西條です(*^_^*)

1月の科内学習会は当院の医療相談室の越崎さんを講師に「MSWの役割って何?」というテーマで学習会を行いました。

DSCF5332.JPG

MSWは「Medical Social Worker」の略で「医療ソーシャルワーカー」のことを表します。

MSWは保健医療機関において、社会福祉の立場から患者さんやその家族の方々の抱える経済的・心理的・社会的問題の解決、調整を援助し、社会復帰の促進を図る業務を行っています。

具体的には、
1.療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助
2.退院支援
3.社会復帰援助
4.受診・受療援助
5.経済的問題の解決、調整援助
6.地域活動
があります。 <厚労省『医療ソーシャルワーカー業務指針』より>

リハビリとの関わりでは、入院している患者さんの「退院支援」で深く関わりを持っています。
様々な制度や仕組みがどうなっているのか、情報提供を行ったり、患者さんやご家族とお話をする機会を設けて、気持ちの面でのサポートを行ったり、物の準備やサービスの準備等、退院時の様々な支援を行っています。

今回の学習会では「MSWってどういうことをやっているか?」ということをグループに分かれて意見を出し合い、実際に行った退院支援の例を用いながら「こういうときは誰に相談する?」「どのような流れで支援していく?」等のディスカッションを行いました。

退院後その人らしい生活を送ることが出来るように、医師、看護師、リハビリ、MSWのそれぞれの職種がお互いに持っている情報を共有し、他職種で患者さんの退院後の生活について検討を行っています。
チームアプローチの重要性を再確認することが出来たので、今後の退院支援に活かしていけるようにしたいです!

DSCF5334.JPG

それではまた(^^)/


posted by 川久保病院リハビリ at 17:26| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

2018年の入職予定者の新入職員懇親会

こんにちは

岩手の川久保病院リハビリテーション科で
理学療法士をしています坊主の吉田です

昨年末になるのですが、
新入職員懇親会を開催しました

来年度の新人さんたちがそろい、
親睦を深めてもらう企画になります

今年は、合計9名の参加でした
職種は、
看護師
理学療法士
作業療法士
歯科衛生士
でした

そして、今年も
1年目の職員が中心となって準備をしてくれました

去年、受けた側としての意見も取り入れつつ、
いい体験を提供出来たらいいなぁということで、
1年目を中心に構成されています

どんな様子だったかを写真を通してみていきましょう

ただ新人さんの写真は、使いません
後ろ姿などが写っていることがあるかもしれませんが、
それはご愛嬌で・・・

まずは、・・・当日の打ち合わせ
IMG_7615.JPG

IMG_7618.JPG

IMG_7619.JPG

新人さんに自己紹介
今年の1年目の方々です
IMG_7632.JPG

見守る総師長・・・
IMG_7629.JPG

アイスブレイクの人間知恵の輪を職員もやってみました
IMG_7626.JPG

IMG_7640.JPG

作業中・・・何をつくっているのか・・・
IMG_7719.JPG

IMG_7720.JPG

IMG_7721.JPG

IMG_7722.JPG

IMG_7726.JPG

IMG_7734.JPG

IMG_7744.JPG

県連の伊藤くん
IMG_7741.JPG
IMG_7754.JPG

IMG_7767.JPG

IMG_7766.JPG

院長の挨拶・・・
(目が閉じててすいません・・・)
IMG_7773.JPG

片方事務長の挨拶
IMG_7786.JPG

そして、午後は各部署の企画となりました

新人さんにとって、
同期を知れる
病院を知れる
機会になってもらえれたらいいなと思います


以上になります
また、みんなで4月に会えるのを楽しみにしています


それでは、本日はこの辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~


岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田裕也
posted by 川久保病院リハビリ at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする