2019年01月30日

2019年度の組織運営協議会に参加して・・・

こんにちは

岩手県の川久保病院リハビリテーション科で
理学療法士をしています坊主の吉田です


全国的にインフルエンザが猛威を振るっていますね
また、乾燥しているということで火事などにも気を付けたいですね


岩手県理学療法士会が主催する組織運営協議会の中で、
日本理学療法士協会の副会長の一人である森本先生のお話しがありました

その中で様々なことに触れられていました

大きな項目として、
1、時代は大きくへんかしています
2、理学療法士の特性を費用対効果の観点で振り返る
3、予防領域での理学療法士の能力
4、組織力の強化

でした

多岐にわたる内容ではありましたが、
現在とこれからを考えさせられるものでした

今回は、EPDCAサイクルについてお伝えしたいと思います
スライド1.PNG

スライド2.PNG
と上記に記載のとおり、
一般的に言われるPDCAサイクルに、
評価のEvaluationを足したものがEPDCAサイクルになります

理学療法士としてこのサイクルを回していくことは、
とても大切な作業になると思います

これらについてちょうどいいタイミングで、
学ぶことができました

私たちの病院でも様々な取り組みをして、
組合員さんや患者さん、地域の方に貢献していけるようにしたいと思います


そして、新年会での一場面の写真です
DSC_4386.JPG

それでは、本日はこの辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~



岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田裕也




posted by 川久保病院リハビリ at 14:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

盛岡医療生協の新春のつどいに参加〜青山支部〜

こんばんは

岩手の川久保病院リハビリテーションで
理学療法士をしています坊主の吉田です


盛岡は雪模様ですね

嵐の解散を悲しむように雪が降っていますね


さて、盛岡医療生協で新年と言えば、
「新春のつどい」になります


最近では、リハビリテーション科のスタッフを
参加させてあげられていませんでした

冬って体調不良など、なんやかんやありまして・・・

そんな中で、青山支部から参加の依頼があったので、
理学療法士の千葉ひかるさんを派遣しました

テーマは「リハビリ軽体操」ということで、
30分程度行ったようでした

その時の様子を写真で紹介したいと思います

IMG_8061.JPG

IMG_8064.JPG

IMG_8067.JPG

IMG_8068.JPG

IMG_8070.JPG

IMG_8074.JPG

IMG_8078.JPG

IMG_8082.JPG

IMG_8083.JPG

IMG_8084.JPG

一緒に参加した組織部の方からは、
「みなさん、すごい良かったと喜んでいました」
と聞いております


リハビリテーション科では、
新春の集いや班会などにも参加していきたいと思います

少しでも組合員さんや地域の方々に貢献していきたいと思います

新春のつどいも2月もあるようなので、
私もどこかに参加したいなぁと思っています!


ということで、本日はこの辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~


岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田裕也
posted by 川久保病院リハビリ at 13:24| Comment(0) | 班会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

2019年〜1月科内学習会〜


こんにちは!
作業療法士の田中です。

今年もリハビリテーション科の出来事などを
更新して皆様に伝えていこうと思います。

どうぞ2019年もよろしくお願いします✨

さて今年最初の科内学習会では
「リハビリ情報提供書について」グループワークを
行いました。

まず「リハビリ情報提供書」とはリハビリスタッフが
ご家族様や退院後に利用する事業所やケアマネジャーへ
患者さんの身体状況や、食事・排泄・入浴・着替えなどの
行為動作について情報を伝達するために作成をしています。

現状を伝えること、今後もこのように対応をして
欲しいことなどを情報共有することも目的の一つです。

しかし、情報提供書の課題としてはリハビリの専門用語を使用している
ケースが多いため、事業所や家族に伝わらないことが挙げられています。

そのため、あるリハビリ提供書を元にグループワークを行い、
専門用語を無くし分かりやすいように直し、リハビリスタッフ以外の方が見ても分かるように
作成しなおす作業をしました。

DSCF7030.JPG

DSCF7035.JPG

DSCF7036.JPG

例えば私たちは「感覚障害」や「移乗動作」などは専門的用語として普段より使用していますが
・「感覚障害」→「感覚の鈍さ」
・「移乗動作」→「乗り移り」

など、まだまだ沢山ありますが
細かく修正しながら発表をしました。

この作業を行ったことで、自分が普段から使用している専門用語は
家族さんに伝わりにくさもあるのだと実感しました。

今後はより、分かりやすく修正しながら相手にしっかり伝えることを意識して
診療を行っていきたいと思います。

それでは、このへんで🎵
posted by 川久保病院リハビリ at 17:01| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする