2019年05月30日

さんさ踊りの練習がはじまりました!

こんにちは
作業療法士の高橋です。

だんだん暑い日が増えてきて、夏が近づいてきてるな〜と感じます。
さて、夏と言えばさんさ踊り!
今年も、さんさ踊りの練習がはじまりました!
DSCF8128.JPG
DSCF8130.JPG

私たち医療生協は、8月3日(土)に出場予定です
posted by 川久保病院リハビリ at 12:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

2019年度の採用情報が更新されました

こんにちは

いわての川久保病院でリハビリテーション科で、
理学療法士をしています坊主の吉田です

先日ですが・・・
「岩手」と「いわて」について話題になりました

どうしてひらがなにするのか?と・・・

最近の広報関係は「いわて」と表記されことが多いようにも思います

やわらかい印象があるからなのか・・・

文字について学びを深めたいですね

さてさて、本題に移りますが、
2019年度のリハビリテーション科の採用情報が更新されました

ホームページの募集要項へのリンクを貼ってきますね


次年度の募集は、
理学療法士 1〜2名
作業療法士 1〜2名
言語聴覚士 1〜2名
という募集です


そして、今年の見学からですが、
二つのの取り組みを行っていきます

1つ目は、診療の見学のコースを設ける事です

診療場面を遠めにみてもらうことはしていましたが、
今回新たに、近くで一緒に見る
そんな体験をしてもらえたらと思います

どうして行うかというと、
患者さんにどう対応しているのか
教育ってどう関われるのか
それらを疑似体験することができます

また、実際の場面を実際にみて自分で感じる
これが大事だと思います


2つ目は、1年目の職員との懇談です

今まで明確にやるっていう風になっていなくて、
あいまいなままにしていました

そして、希望があってもなくても提供したりと・・・
それって見学する側にとっても、
選べないのってきついところがあるのかなと・・・

だから、懇談は希望する人に提供しよう!
そうしよう!
ってことでそのようにしました


図にするとこんな感じでしょうか・・・
スライド2.JPG

スライド3.JPG


いろいろな病院を見学する人も多いと思いますが、
自分の目でみて、肌で感じて、選択するのがいいと思います

そして、その選択に自信を持つことも必要です

なんの選択をしても、隣の芝は青くキレイにみえるものです

大なり小なりいろいろなことはあると思います

だからこそ、選択に自信をもつ

それがいいんだと思います


それでは、本日はこの辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~


いわて 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田
posted by 川久保病院リハビリ at 12:00| Comment(0) | 就職関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

2019年度5月 部門別学習会

こんにちは、作業療法士の橋です

5月の部門別学習会では、
理学療法部門「整形外科疾患のx線像の見方とリハビリテーション」「脳卒中患者の膝伸展筋力と歩行自立度の関係性」
作業療法部門「ADL・動作分析」
言語療法部門「口腔構音機能のアプローチ」
について各部門で学習しました。

理学療法部門での「整形外科疾患のx線像の見方とリハビリテーション」については、
整形疾患患者の基本的な画像の見方を学習しました。
良く目にする患者さんの画像ですが、しっかり見てリハビリに生かす事は難しいですよね。
今回の学習会で確認したので、少しでも患者さんの反映出来ればいいなと思います。
DSCF7941.JPG

作業療法部門「ADL・動作分析」について、実技を通して学習を行いました。
DSCF8076.JPG

DSCF8074.JPG

まずはじめに、ADLとは、トイレや着替え、食事等の日常生活活動のことを言います。
ある病気によって1人で日常生活を送ることが事が難しくなった患者様と日々リハビリを行っていますが、
実動作を繰り返すだけでなく、活動を遂行するために必要な基本的な能力も含めて評価・介入する必要があります。

毎月、各部門ごとに学習会を行っていますが、それぞれが個々で頑張ったって意味がありません。
それぞれの特徴、強みを協調し合い、協力し合いながら患者様と向き合っていきたいと思います。

それでは、本日はここで失礼します

posted by 川久保病院リハビリ at 12:09| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする