2019年12月27日

2019年の仕事納め

こんばんは


岩手の川久保病院リハビリテーション科で
理学療法士をしています坊主の吉田です


本日、病院で仕事納めがありました!!

まず最初に、「ぐっじょぶ」の表彰が行われました

「ぐっじょぶ」とは、
職員の表彰制度で、
それぞれの職員が、
「いい仕事したね」
「助かったよ」
「ありがとう」
みたいなことを投票して、
それらの中でもすばらしいものについて表彰されます

そして今回は、リハビリテーション科からも選ばれました!!

理学療法士の高橋さんです
DSCF0087.JPG

DSCF0089.JPG

院長からカードと、お祝いが渡されました


そして、次は院長のお話、乾杯でした
DSCF0105.JPG

DSCF0106.JPG

あとは、ちょっとした抽選会を行いました
DSCF0107.JPG

DSCF0110.JPG
リハでは、コーヒーをいただきました!!


2019年度もいろいろとあった年ですが、
また2020年も努力していきたいと思います

みなさんも残り少ない2019年を楽しみましょう!!


それでは、本日はこの辺でぇ(*´▽`*)


posted by 川久保病院リハビリ at 17:46| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

12月 領域別学習会


こんにちは!理学療法士の上石です。

12月の一般病棟の領域別学習会では、「運動負荷と・栄養・サルコペニア・ゴール設定」のテーマで学習しました。


DSCF9943.JPG

DSCF9942.JPG
リハビリテーションを行う上で栄養はとても重要になってきます。
栄養が十分でない状態で、一定の負荷量のリハビリを実施した場合、身体機能が改善するどころか悪化することもあります。
適切なリハビリテーションを提供する上でも、患者さんの栄養状態を知ることはとても大切です。

患者さんの機能改善を目標と出来る条件としては、
@適切な栄養管理が実施されている
A現在の栄養状態が良好である
B低栄養の原因として侵襲がない侵襲が同期化されている
C不応性の悪液質がない
などの項目を判断材料とし、条件に満たしている場合は機能の改善が目標と出来るようです。

適切な評価が出来るように、私も参考にしてみようと思います。

それでは、この辺で失礼します



posted by 川久保病院リハビリ at 17:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

2019年12月 リハビリ部会

こんにちは!
作業療法士の高橋です

今年も残すところあと1ヶ月となりましたね。
さて、今月のリハビリ部会は、
年代別:4年目「リハに関する医療訴訟と賠償責任保険制度について」と、
すみれセンター長の小笠原さんに、仁王ケアセンターすみれについて講義をしていただきました。

4年目の方々のお話は、
リハビリ中やケア中に起こった医療事故に関する訴訟について、事例をあげてお話がありました。
日々患者様と向き合う仕事をしている以上、他人事ではない話題でした。
可能な範囲で複数人で観察・確認を行い、防ぐことが大事だと思いました。
また、小さなミスでも共有し、対策方法を検討していくことが大切だと感じました。

仁王ケアセンターすみれでは、
小規模ならではの活動をたくさん行っていました。
一見、施設に入るとなると抵抗を感じるかもしれませんが、
そのようなご家族様・利用者様の気持ちに寄り添い、地域との関りを密に行っている活動がたくさんありました。
私は普段病院勤務ですが、患者様が退院後地域で生活することを見据えて関わろうと改めて感じました。
また入院中から、患者様・ご家族様の不安な気持ちに寄り添っていければと思います。
DSCF9944.JPG
それでは、本日はここで失礼します
posted by 川久保病院リハビリ at 17:02| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする