2017年12月04日

ポジショニングクッションの勉強会


こんにちは😃
作業療法士の田中です。
12/1に行われたポジショニングクッションの学習会について報告をしたいと思います

まず、ベッド上でのポジショニングの目的として
@頭部や頸部の安定化(楽なまくらの高さと位置)
A体位の入れ替え
B楽な姿勢の確保
Cリハビリや緊張の緩和
があります。

健康な人であればクッションなどは多く使用せずに、自分で体位交換が可能です。
しかしポジショニングが必要な人は自分で動きが取れない人・介助が必要な人と言えます。

動けない人に対して、体位交換せずに放っておくと床ずれが生じたり、拘縮が進む原因となります。
そのためリハビリでは機能訓練や日常生活動作訓練の他にポジショニングなども検討し、
ケアスタッフと共有をして床ずれや拘縮の予防に努めています。

今回は福祉業者のサンメディカルさんとモルテンさんにクッションの説明を行って頂きました!
実際に使用してみて体験しています✨

DSCF4529.JPG
DSCF4521.JPG

完全に気持ち良く寝ていますね!笑
DSCF4523.JPG

これも体験です!!
DSCF4528.JPG


クッションにも様々なタイプのものがあるので、実際に触れたり、使用することで
患者さんの気持ちになって学習することが出来ました。

こういった機会があるとポジショニングやクッションの選定の参考になるので
ポジショニング検討をする際に参考にしていきたいと思います。

それではこの辺で🎵

posted by 川久保病院リハビリ at 17:53| Comment(1) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 この内容で「文章のまとまり・文章の行間」が見やすいです
Posted by きりん at 2017年12月07日 04:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: