2018年06月01日

2018年5月 心不全のリハビリテーション 〜第2弾〜


こんにちは!リハビリテーション科の西條です(*^_^*)

今回は「心不全のリハビリテーション第2弾」ということで前回も講義してくださった、岩手県立中央病院のリハビリテーション技術科の田中結貴先生をお招きして学習しました!

DSCF5735.JPG
DSCF5732.JPG

今回の学習会では
・心不全の知識
・不整脈の話
・薬の話
・循環調節とリハビリ 
という4つのテーマに沿って学びました。

『心不全とリハビリテーション』↓

内容が難しいため、ポイントだけ記載したいと思います!!!

・離床は、臥床による循環器系の機能低下を改善させるばかりでなく、重力を用いた循環器系への運動負荷となる
・離床に対して循環調節機能が対応しないと、座位や立位の保持が困難でADLの制限因子となる
・循環器系の機能低下による離床の失敗体験は、患者さんの自身低下につながり、転倒した場合はそれが顕著になりやすい。そのため、リハビリでは重力刺激にとる循環器系への作用や心不全の病態を考慮しながら、安全にかつ積極的に離床を促していく必要がある。

『寝たきりにさせない!』というのが最も大切なことでバイタルサインやボルグスケールの活用、自覚症状の確認などのリスク管理をしっかり行い、廃用症候群の予防を図っていくことが大事であると感じました。

ではまた(^^)/

posted by 川久保病院リハビリ at 17:59| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: