2018年06月27日

2018年6月 領域別学習会

こんにちは!リハビリテーション科の西條です!!

今年度は3ヶ月に1回領域別学習会を行うこととなり、6月に第1回目が行われました。

★回復期:FIMについて
★一般病棟:心不全について・症例検討
★通所・訪問:接遇について

DSCF5627.JPG
DSCF5632.JPG
DSCF5634.JPG

今回は一般病棟の内容について書いていきたいと思います!

私達はリハビリテーションを行う上で開始基準や中止基準、身体機能評価など様々な指標を用いて訓練を行っています。
その中でも今回は『心不全』に着目して、心不全の方の診療を行う上でどのようなことをカルテから確認するか、何を評価するかなどをみんなで出し合いました。
ケースバイケースとなるものもありますが、必要最低限これは必ずカルテから確認しよう、これは評価しようというような感じで統一を図りました。

症例検討では過去に入院されていた心不全の患者さんについて振り返りを行いました。

介入をする上で病態的なリスクを見ながら訓練時の負荷量だけでなく、退院後の生活の検討も同時進行で考えていきます。それは病院での生活が今後のゴールではなく、退院後から本当の生活のスタートとなるため、患者さんと一緒に検討をしていく必要があるからです。
目標共有というのはリハビリテーションを行っていく上でとても重要なことだと思います。


ではまた(^^)/~~


posted by 川久保病院リハビリ at 16:59| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: