2018年06月30日

2018年6月 部門別学習会


こんにちは✨
作業療法士の田中です。

6月の部門別学習会は
理学療法士は「歩行について」

DSCF6020.JPG

作業療法士は「作業療法の定義について」
DSCF5842.JPG

言語聴覚士は「摂食嚥下の学会の伝達」を
行いました。

作業療法部門では日本作業療法士協会で今後「定義」が改定されることに
当たり、作業療法士として何が出来るか、または行っているかグループに
別れて話し合いを行いました。

作業療法の定義としては

<現行の定義>
 作業療法とは、身体又は精神に障害のある者、またはそれが予測される者に対し、その主体的な生活の獲得を図るため、
諸機能の回復、維持及び開発を促す作業活動を用いて、治療、指導及び援助を行うことをいう

<改定後の定義>
 作業療法は、人々の健康と幸福を促進するために、医療、保健、福祉、教育、職業などの領域で行われる、作業に焦点を当てた治療、指導、援助である。作業とは、対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為を指す。

と今後は改定されます。

定義となると少し難しく書かれてありますが、「健康」「幸福」について何ができるか今回は話し合いをしています。

どのグループとしても
「本当に患者さんがやりたいことを聞き出して支援をしていく」
「ニーズを汲み取り、支援する」
「出来ない生活行為としたら、福祉用具を使用する、環境調整を行い代償手段を検討していく」
「患者さんの生活背景を聞き、支援をしていく」と意見が挙がりました。

DSCF5847.JPG

DSCF5846.JPG

また、健康のために「予防」から関わっていくことも全部のグループで挙がっています。

作業療法士として、患者さんと関わる時間が他の職種よりも多い分
患者さんの強みや出来る部分などを引き出しながら関わっていきたいなと思います。

それではこの辺で(^^)/
posted by 川久保病院リハビリ at 17:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。