2018年10月15日

第20回 岩手県理学療法学術大会での発表

こんにちは

岩手の川久保病院リハビリテーション科で、
理学療法士をしています坊主の吉田です

10月7日に滝沢にあるビックルーフにて、
第20回 岩手県理学療法学術大会が開催されました
DSC_3945.JPG

大会長は、
いわてリハビリテーションセンターの
機能回復療法部の佐藤英雄さんでした

テーマは、「市民に信頼される理学療法士」でした

大会長の基調講演では、
「信頼されるとはなにか?」
「そもそも信頼って?」
と、いうことを考えさせられるような講演でした

私たち理学療法士が、
社会にとって、地域にとって、患者さんにとって、
何ができるのかを発信し、知ってもらい、
そして、実際に役に立つことが必要だと感じました

「リハビリ」「リハビリ」なんて言われていますが、
どういことなのかってことが、
あまり知られていないことも事実だと思います
悲しいですが、知ってもらうように取り組むことも必要ですね


さて、多少脱線してしまいましたが、
当院の理学療法士の上石知佳さんが、
チャレンジングセッションでポスター発表をしました

発表のタイトルは、
「脳卒中片麻痺患者のExtension Thrust に対してKAFOを使用したアプローチを行った一症例」
でした

私も座長として参加していたのですが、
いろいろな方から質問されたり、
答えたりしていました
学ぶことも多かったようで、よかったなと思います
image2.jpeg

それでは、本人からの感想です
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆彡
理学療法士 上石知佳


発表の話を聞いたときは出来るのかなとすごく不安でした。けど、いざ始まってみると全部を一人で行うのではなく、主任やチームの人が一緒に考えてくれ、自分の考えをうまくまとめる様にサポートしてくれていたので、手順や方法に迷うことなく進めることができました。また、自分が行った治療をまとめることで、考えや知識が整理できてとても勉強になりました。学会発表を通して学ぶことは多く、とても貴重な経験をさせていただいたと思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆彡
1539058877676.jpg
左が上石さんで、右が荒川さんです


当院から、スタッフとして3名が手伝いで参加していました

アナウンスに、タイムキーパー、接待と活躍してくれていました
DSC_3946.JPG
タイムキーパーがたたずんでいます・・・

学会っていうのは、
自分の視点に無いことを知れるいい機会だと感じました

毎年開催される学会ですが、
継続して参加していきたいと思います


それでは、本日はこの辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~


岩手県 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田裕也

posted by 川久保病院リハビリ at 13:34| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。