2018年10月29日

脳卒中患者の脳画像の見方(外部講師研修:玉利先生)


こんにちは✨
作業療法士の田中です。

10月は外部講師に国際医療福祉大学大学院の玉利誠先生に
お越し頂いて「脳卒中患者の脳画像のみかた」についての
学習会を行いました。

DSCF6670.JPG

DSCF6669.JPG

DSCF6671.JPG
DSC_3983.JPG

DSC_3981.JPG


私たちの職種では脳卒中の患者さんに関わる事が多いため
脳画像を見たときに「機能的にここは良くなりそうだ」など
見立てを行いリハビリを提供しています。

今回の研修ではCTやMRIの知識から始まり、解剖学の基礎と
脳画像と関連付けて分かりやすく説明を行って下さいました。

また動画や音声も含めての説明で初めて知ることも多く
楽しく学ぶことができました。

今後は脳画像について更に学習を進めて、患者さんの可能性に
繋げて行ければと思います。

それではこの辺で



posted by 川久保病院リハビリ at 17:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。