2019年07月22日

高齢者運動教室


こんにちは、理学療法士の上石です

7月13日に行われた岩手理学療法士会主催の「高齢者運動教室」に参加させて頂きました!

高齢者運動教室とは、地域の方々の介護予防と健康促進のきっかけを作るための運動教室です。
盛岡市立津志田老人福祉センター「たろっこ館」にて、岩手県理学療法士会が主催しています。

内容は、主に@セラバンドを使用した運動、Aバランスマットを使用した運動、Bマシンを使用した運動の3つを行います。
簡単に、お家でも行える運動ばかりです。そして、同じ年代の方々と一緒に行えるのでお話し目的で来る方もいるようです。

地域の高齢の方々に年をとっても普段から身体を動かすことによって、ある程度身体機能を維持することが可能であるということを知ってもらえたらと思います。また、運動教室には理学療法士がスタッフとして参加するので、運動の仕方や強度、頻度などを気軽に相談することが出来ます。


image1 (6).jpeg


ぜひ機会があったら参加してみて下さい。

それでは、この辺で失礼します
posted by 川久保病院リハビリ at 12:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 掲載された写真の様に 施設の建築で留意すべき事項は何ですか?
Posted by きりん at 2019年07月23日 04:42
>りんさん
コメントありがとうございます。

>掲載された写真の様に 施設の建築で留意すべき事項は何ですか?
なかなか難しい質問ですね・・・
この建物では、車いすの方が出入りできるようにスロープもありますし、広いトイレも準備されていました。また、廊下幅は狭くはなく、車いすの方でも移動ができるようになっていました。
特に留意するべき点としては、トイレの設置があるんだと感じています(私見です)。新しく建築される建物には比較的、広いトイレが設置されているように思いますが、古い建物には未整備のところも多くあります。トイレが使えるかどうかで、外出できるかどうかも変わりますので、トイレは非常に重要なんだと感じています。
Posted by 川久保病院リハビリ at 2019年08月14日 09:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。