2019年08月31日

外部講師研修〜リハビリテーションにおけるゴール設定〜


こんにちは!理学療法士の上石です。

8月の学習会では、株式会社geneの理学療法士・張本浩平先生にお越し頂き「リハビリテーションにおけるゴール設定」というテーマで講義をして頂きました。

患者さんとリハビリをする上で、必ず「ゴール設定」については考えなければいけません。

今回の学習会では、ゴール設定というテーマに合わせて、リハビリテーションの概念や人として当たり前のことなど、私たちが学校で習ってきたけどいつの間にか忘れてしまっていた事を聞くことが出来ました。「なぜエプロンをするのか?」や「人は必ず死ぬなど」当たり前を当たり前に思えていないことを知るいい機会となりました。

なにより、お話の楽しい先生で難しい話も笑いを交えながら話してくれて、楽しく学ぶことが出来ました。

私たちが普段行っているリハビリテーションはリハビリという概念の中のほんの一部でしかないです。この機会にリハビリの可能性について考えていけたらいいなと思います。

それではこの辺で失礼します

DSCF9174.JPG

DSCF9173.JPG

DSCF9172.JPG

DSCF9169.JPG
posted by 川久保病院リハビリ at 12:01| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。