2020年01月14日

2019年12月 部門別学習会


こんにちは⛄
作業療法士の盛内です

今回の作業療法士の部門別学習会では
1年目の方の症例発表を行いました。

入職してから8か月経ち、回復期病棟で勤務する新人の受け持ちの患者さんは約3〜4人を
担当しています。

今回は3人の発表で
@意欲低下している患者さんに対して作業を通して介入したことで活動の参加拡大に繋がった症例
A吐き気症状が多かった症例に対して負荷量を徐々に調整しながら行ったことで歩行獲得、ADL拡大に繋がった症例
B上肢機能の向上からADL参加拡大に向けて介入を行った症例
について行いました。

DSCF0040.JPG

発表を聞いて、1年目の皆さんは経験が少ない分、分からないことが多い中でも
訓練のプログラムや介入の仕方など試行錯誤しながら訓練を行っていることが伝わりました。

先輩から質問や意見も多くあり、内容を深める事が出来たのではないかと思います。
症例の中ではまだ入院している方も居たので、アドバイスを参考に訓練に繋げていって欲しいと思います。



posted by 川久保病院リハビリ at 17:02| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。