2018年11月30日

第32回岩手県作業療法学会での学会奨励賞受賞

こんにちは


岩手県の川久保病院のリハビリテーション科で、

理学療法士をしています坊主の吉田です


嬉しい報告が飛び込んできたので、ご報告したいと思います!


それは・・・


第32回岩手県作業療法学会にて、

田中利恵さんが学会奨励賞をいただきました!!


発表のタイトルは

「実車評価を行い、気づきを得ることができた症例」

でした


内容は、自動車運転の再開するために実車評価を行った事例についてです


実車評価は、実際に車にのって運転を評価するというもので、

シミュレーションと実際はやっぱり違いがあります


当院にはドライビングシミュレーターもありますが、

やっぱり乗ってみることは必要なことです


まだまだ教習所や岩手県として運転支援に豊かな環境ではないですが、

実施できたことは大変良かったと思います

県学会2.jpeg

県学会.jpeg

そんな田中さんの感想です!


第32回岩手県作業療法学会にて奨励賞を頂いて大変嬉しく思います。

今回の発表した症例については当院で初の実車評価を行い、私自身が自動車運転再開支援を行うきっかけとなった症例でもあるので、その発表にて奨励賞を頂いたことは私の地震にもつながりました。

岩手県では地域上、自動車運転は需要が高く、脳卒中を発症した患者さんの中でも運転の再開希望が多く聞かれています。

そのため、安全に自動車運転再開が行えるように作業療法士がしっかり評価を行い、医師や多職種と連携し、教習所とも連携を図ることが重要と考えます。

当院では車両運転チームは発足したばかりでもありますが、実績やデータを残しながら支援に努めていきたいと思います。


今後も頑張って欲しいですね

期待しています!!


それでは、本日はこの辺でぇ

でわでわぁ(@^^)/~~~


岩手 川久保病院 リハビリテーション科

 理学療法士 吉田裕也



posted by 川久保病院リハビリ at 10:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

誰がやるの?

こんにちは

岩手の川久保病院リハビリテーション科で
理学療法士をしています坊主の吉田です


今日は、様子を変えてみまして、
管理についてお話ししたいと思います

川久保病院のリハビリテーション科というと、
看護部に次に人数が多い部署になっています

事務系が入れば、3番目になるかもしれませんが、
病院の職員数にしても多くの割合を占めています

管理って側面からみれば、
人数が多ければ良いかというと人数が多いと、
多様性と人数により管理が難しくなります

ですが、患者さんや利用者さんにとって、
リハビリテーションの量としては提供することができるので、
そういう意味では職員数というのは大事になります

そうして組織の中での職員数の割合が増えていくと、
患者さんや利用者さんへの提供だけでなく、
組織としての活動でも役割を担っていく必要がでてきます

「誰がやるのか?」ってなった時に、
人数が少なければ
「いや、ちょっと・・・」
「人が少ないので・・・」
と言えたものが、人数が多くなると言えなくなります

「私たちがやります」と、やっていかないといけません

もちろん大事なことは、
患者さんや利用者さんにサービスを提供することではありますが、
組織にも貢献できる
ってことも大事なことだと思います

どちらか一方だけやるってことではなく、
両輪として回していくことが必要だと感じています


これからも班会や地域活動を通して、
組合員さんと交流したり、
自分たちの知識や技術を還元しながら、
明るい街づくりにも貢献していければと思います


それでは、本日はこの辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~



岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田裕也
posted by 川久保病院リハビリ at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

見学の病院の支援の継続

こんにちは

岩手の川久保病院リハビリテーション科で
理学療法士をしています坊主の吉田です

最近は、涼しくなってきましたね

寒くなると北海道の冬の電力問題は大丈夫だろうかと心配になります
「節電」と言われても、寒い

寒くて命に関わることがあれば問題
でも、電力が・・・

なかなか難しい問題ですね

さて、県外に支援に行っている唐牛くんですが、
訳があって1ヵ月延長することになったので、
本人にあってきました

DSC_3854.JPG

元気そうな顔ですね

「支援の最初は、元気だったけど、
徐々に疲れが出てきて9時に寝ないとダメだった
今はだいぶ良くなっています」
「みなさんいい人で働きやすいので、助かっています」
「勉強になっていますが、
いないことで職場にも迷惑をかけているので申し訳ないなと思います」

という状況のようでした

唐牛くんはOT5年目ですが、
同じくらいの世代は少ないようでした

あちらの職場の人たちはいい人たちのようで良かったです

3ヵ月の支援になりますが、
一回りも二回りも成長して戻ってきてくれると思います

また、あちらの病院のよかったところもいただいて、
よりよいサービス提供ができるように努めていきたいと思います

DSC_3855.JPG
駅から病院に向かうときの道


DSC_3858.JPG
黄門さんと一緒に・・・

DSC_3863.JPG


それでは、本日はこの辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~


岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田
posted by 川久保病院リハビリ at 11:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする