2018年04月23日

2018年 4月リハ部会


こんにちは😃
作業療法士の田中です。

4/17にリハ部会がありました。
今回は新4年目は「震災について」発表を行いました。
震災から7年の月日が経過する中で、当時は川久保病院以外では
どのような支援を行っていたのか、
現在は支援の取り組みは行っているのか調べたものを発表しました。

発表に向けて調べる中で、最近の被災地支援の記事が少ないという現状がありました。

川久保病院では「お茶っこ会」と言った被災地である山田町へ行き
健康チェックや引きこもり防止のために活動を現在も継続して行っています。

先日も班会メンバーの職員が「お茶っこ会」に行ってきたので
それも踏まえて発表を行いました!!

活動に参加する方は固定化してしまったりなど課題はあるようですが
「お茶っこ会」は山田町では、かなり好評のようです。

DSCF5588.JPG

DSCF5589.JPG

発表のあとは「新人紹介」を行いました
各自でパワーポイントを使用して作成し、自分史の様に発表を行って
くれたので、個性に溢れていて面白かったです‼

パワーポイントでの紹介はかなり手が込んでいて驚きました

DSCF5596.JPG

DSCF5594-thumbnail2[1].jpg

DSCF5598-thumbnail2[1].jpg
それではこの辺で!(^o^)
posted by 川久保病院リハビリ at 12:20| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

2018年 4月科内学習会


こんにちは😃
作業療法士の田中です。

4月の科内学習会は「実習指導について」学習会を行いました。
学生係の皆さんが記者会見の様に発表をしてくれました!笑

DSCF5714.JPG

DSCF5715.JPG

DSCF5718.JPG

川久保病院では年間に多くの実習を引き受けています。
職員の中でも、川久保病院で実習を受けて入職を決めたスタッフも多いです🎵
私とブログを書いている理学療法士の西條もです(^^)!!

学生を受ける3つの目的としては
「知識を再学習する機会になる」
「就職に良い影響を与える」
「後輩育成は倫理規定の義務として記載されている」

上記の3つが目的となっています。

従来型の実習の課題としては
学生側としてレポート指導中心による実践能力の未習得
実習指導者側として診療多忙による過多な時間外指導のストレス
   ↓
経験値が抑制される

と言った悪循環が生じます。

そのため、川久保病院ではクリニカルクラークシップを導入してます。
クリニカルクラークシップとは、簡単に言うと
・レポートを書くための実習ではなく、実際に診療に参加して経験値を向上させる
実習生は診療チームの一員として診療参加を行う

→どんどん経験させることで、患者さんから学ぶ
ということがコンセプトとなっています。

実際に私がクリニカルクラークシップを導入して実習生を受け持った時に
自分も学生時代に、このように実習をしたかったなと思いました。

経験を重視して、フィードバックも当日に行うことで学生・担当の療法士の負担も
少なくなります。

4月から学生さんが実習に来ているので、より良い実習の経験に繋がるように
私達も勉強していきたいと思います。

それではこの辺で!!🎶

posted by 川久保病院リハビリ at 12:10| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

2018年のビキニデーの報告会

こんにちは

岩手の川久保病院リハビリテーション科で
理学療法士をしている坊主の吉田です

盛岡も徐々に暖かくなってきていますね
桜ももうすぐ開花するかなぁって楽しみです!

さて、ちょっと経ってしまったのですが、
ビキニデーに参加した作業療法士の唐牛くんが、
院内などに向けて報告会を行ってくれました
IMG_2119.JPG

さてさて、
ビキニデーとは何ぞやって話ですが、
1954年3月1日にビキニ環礁でのアメリカの水爆実験により、
日本の漁船第五福竜丸の船員が被爆した日
のことを言います

日本では、第五福竜丸だけでなく、
多くの漁船が被害を受けたようですね

築地でも線量計が用いられ、
検査をされ反応があるものは破棄されたようです

この出来事は、当時の日本人にとっても多きな衝撃を与えたようです

1954年のことなので、
1945年8月に広島、長崎に原爆が投下されてから、
9年後の出来事になりますね

今年も静岡で行われたということで、
自分自身が感じたことや学んだことを踏まえて報告してくれました

医療に携わるものとして、
いのちに関わることは非常に考えさせられますね

緊張が見て取れましたが、
それぞれが各々に感じることがあったようですね
IMG_2120.JPG

IMG_2121.JPG

IMG_2123.JPG

IMG_2124.JPG


それでは、本日はこの辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~

岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田裕也
posted by 川久保病院リハビリ at 09:53| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする