2018年01月12日

2018年 1月科内学習会

新年明けましておめでとうございます!!!
リハビリテーション科の西條です(*^_^*)

1月の科内学習会は当院の医療相談室の越崎さんを講師に「MSWの役割って何?」というテーマで学習会を行いました。

DSCF5332.JPG

MSWは「Medical Social Worker」の略で「医療ソーシャルワーカー」のことを表します。

MSWは保健医療機関において、社会福祉の立場から患者さんやその家族の方々の抱える経済的・心理的・社会的問題の解決、調整を援助し、社会復帰の促進を図る業務を行っています。

具体的には、
1.療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助
2.退院支援
3.社会復帰援助
4.受診・受療援助
5.経済的問題の解決、調整援助
6.地域活動
があります。 <厚労省『医療ソーシャルワーカー業務指針』より>

リハビリとの関わりでは、入院している患者さんの「退院支援」で深く関わりを持っています。
様々な制度や仕組みがどうなっているのか、情報提供を行ったり、患者さんやご家族とお話をする機会を設けて、気持ちの面でのサポートを行ったり、物の準備やサービスの準備等、退院時の様々な支援を行っています。

今回の学習会では「MSWってどういうことをやっているか?」ということをグループに分かれて意見を出し合い、実際に行った退院支援の例を用いながら「こういうときは誰に相談する?」「どのような流れで支援していく?」等のディスカッションを行いました。

退院後その人らしい生活を送ることが出来るように、医師、看護師、リハビリ、MSWのそれぞれの職種がお互いに持っている情報を共有し、他職種で患者さんの退院後の生活について検討を行っています。
チームアプローチの重要性を再確認することが出来たので、今後の退院支援に活かしていけるようにしたいです!

DSCF5334.JPG

それではまた(^^)/


posted by 川久保病院リハビリ at 17:26| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

2017年12月 科内学習会 〜方針の振り返り〜

こんにちは!
リハビリテーション科の西條です(^^)/

12月の科内学習会は「今年度の方針の振り返り」を行いました!

リハビリテーション科の2017年度の方針は「患者さんの期待を1%でも超える」です!

3つの行動指針として
1.振り返る
2.行動の重視・挑戦
3.対話       
があります。

今回の学習会ではグループに分かれて行動指針の「行動の重視・挑戦」と「対話」についてどうであったかを振り返り、ディスカッションを行いました。

ご家族、患者さんに対して実施したこと、他職種に対して実施したことを一人ずつ発表し、お互いに意見を言い合いながら今後の課題や来年度に向けての目標などを話し合うことができました。

患者さんが何を期待しているのかを理解するには、患者さんの生きてきた背景を知り、どうやって生きてきたのか、どんな事が好きなのかなどを知ることが大切だと思います。

患者さんのためにできることはないだろうか?という視点を常に持ち、ときに挑戦をしながら支援が行えるように、今後も日々精進していきたいです。


DSCF4569.JPG

DSCF4571.JPG
posted by 川久保病院リハビリ at 17:33| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

2017年11月 科内学習会

こんにちはリハビリテーション科の西條です!!!

11月の科内学習会では「生活行為向上マネジメント」について症例紹介を用いて学習しました!
通所と訪問リハビリスタッフ3名から発表をしてもらいました。


DSCF4050.JPG


「生活行為向上マネジメント」を簡単に説明すると・・・

高齢者が生活をする上で困っていること、または困難さを感じている事柄でやってみたい、
もっとうまくできるようになりたいと思う生活行為を支援する思考過程を示したものです。

生活行為には5つの要素があり、
1.日常の身の回りの生活行為
2.家事などの生活を維持するための生活行為
3.仕事などの生産的生活行為
4.趣味などの余暇的生活行為
5.地域活動などの生活行為 があります。

ご本人が望む、生活行為の聞き取りを行い、その行為を制限している要因をICF(国際生活機能分類)に基づいて現状での強みと改善の可能性がある予後予測をアセスメントしていきます。
→ICFについて

本人が望む生活行為ができるように支援するには、生活行為を遂行するために必要な段取りや準備する力、生活行為を実施する力、実施した内容をうまくできたか検証し、次につなげる力が必要となります。

これらのそれぞれの力を高めるには、「どのような練習をどの段階で、誰の支援を受けながら、いつまでに実現するのか」を具体的に計画し、段階をつけて行うことが大切です。

今回3人の方の症例紹介を聞いて入院患者様、通所や訪問リハビリの利用者様を支援するにあたって、それぞれの生活場所で「その人らしい生活」が可能となるよう寄り添った支援が行えるようにしていきたいと感じました!

DSCF4056.JPG

DSCF4057.JPG


寒くなってきたので、みなさん風邪を引かないよう気をつけてください!!


posted by 川久保病院リハビリ at 17:37| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする