2018年05月30日

2018年度初めての班会活動〜膝痛予防〜

こんにちは

岩手の川久保病院リハビリテーション科で
理学療法士をしています坊主の吉田です

盛岡は、今日は雨ですね
あさがおが輝く季節になるのかもしれないですね


さて、いよいよ今年初めの班会がありました!

今回は青山支部の方々にお話しするために、
職員がはなみずきに行ってきました


テーマは、「膝痛予防」

講師は、
理学療法士の金子くん
IMG_9291.JPG

理学療法士の岡田さん
IMG_9294.JPG
です

IMG_9306.JPG

IMG_9308.JPG
この写真は、ふらつきて壁でバランスをとっているところです
あぶなくないことが大事ですからね!

IMG_3475.JPG

運動をしみたり、お話しさせてもらったりという講義でした

翌週に、医事から電話がかかってきました
「青山支部の方からお電話です」

「なにかあったのかなぁ」と不安な気持ちもあり、
おそるおそる電話に出てみると・・・

「お電話変わりました、リハビリテーション科の吉田です」

「この前はありがとうございました!
すごい良かったです。
終わった後にも話したんですが、ありがとうございました」

とお褒めの言葉を頂きました!

ほっと胸をなでおろし、腰かけたのを覚えています

そして、ほんとにありがたいなぁと思いました
わざわざ伝えてくれるなんて・・・
ありがとうございます

このような言葉励みになりますね
本当にありがたいと思います

今年度も、班会活動を頑張っていきたいと思います!

新メニューもありますので、
利用してもらえたら嬉しいなと思います

それでは、本日はこの辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~


岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田裕也

posted by 川久保病院リハビリ at 10:04| Comment(0) | 班会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

班会活動〜お茶っこ連絡会〜

こんにちは


岩手の川久保病院のリハビリテーション科で

理学療法士をしています坊主の吉田です


徐々に日中が温かくなってきましたね

春の陽気ってやつでしょうか


そんな3月ですが、2月の班会の報告です



青山でお茶っこ連絡会から、

「認知症予防運動の実践」

ということで班会要請がありました


内容としては・・・

体操多めでの依頼

参加者が地域でレクチャーできるようになってほしい

という依頼でした


DSCF2746.JPG



DSCF2747.JPG


DSCF2750.JPG


運動を行いながらの、班会活動でした

運動の写真は少ないないですが、「やった」とのことです



さてさて、参加したスタッフの感想です

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

理学療法士 高橋成美

 今回、認知予防運動について講話、運動を行ってきました。

やや難易度の高い運動もありましたが、皆様個々で練習して取り組まれていました。

地域のお茶っこ会で伝達して頂き、皆様で認知症予防をしていただけると嬉しいです。

また、今回の班会を通して、難易度の高い運動もあったため、運動内容を見直す良い機会となりました。

参加していただきありがとうございました


作業療法士 大久保春奈

 今回は2回目の班会への参加で、認知症予防について講話させていただきました。

15名程度の方に参加していただきましたが、とても明るく元気がよく、認知症予防体操へ積極的に参加されていました。講話では認知症のおおまかな概要や、予防に向けて普段の生活上で取り組める内容をお話しさせていただきました。

 途中不具合があり、スライドがうまく流れないなど反省点もありますが、次の機会に生かせるように改良を加えながら、さらに良い予防体操を提供できるように励んでいきたいと思います。

 高齢社会が進む一方で、私自身作業療法士として地域の皆さんに何が貢献できるか、改めて考えさせられる機会とすることができました。これからも少しでも地域の皆さんのお役にたてる様に、私自身も努力してしていきたいと思います


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


高齢社会の中で認知症のある方が増えるとは言われていますが、

できればなりたくないと感じている方が多いようです


私もそう思いますし、

同時に認知症になったとしても世間に受け入れられたいなとも思います


認知症になりたくないって理由の一つに、

何をやってるんだかわからない

自分が自分じゃなくなる

世間から冷たい目でみられる

ってのがあると思います


逆に考えれば、現状ではそのような風に感じているし、捉えている

ということでもあると思います


病気であること、障害であることが認識され、

それが受け入れられる社会や地域であってほしいと思います




それでは、今日はこの辺でぇ

でわでわぁ(@^^)/~~~



岩手 川久保病院 リハビリテーション科

 理学療法士 吉田裕也

posted by 川久保病院リハビリ at 15:49| Comment(0) | 班会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

新春のつどい〜青山支部〜

こんにちは

岩手の川久保病院のリハビリテーション科で
理学療法士をしています坊主の吉田です


先日、雫石にあるゆこたんの森で
「体操」についてお話させてもらいました
その時に、こんなイスがあったんです・・・

DSC_1519.JPG
みえました?

ちょっと荒くなりますが、
拡大すると・・・
DSC_1519-1.JPG

その名も
「ながいきのいす」

いやー、思わず座っちゃったことは、
ここだけの秘密です

さて、「体操」ですが、
話だけでなく、体操をメインにしまいた

普段から体操している方もいるということで、
すごいことだなぁと感じました

予防って、
自分がいざそうなってみないと重要性や必要性がわかりにくいことです

言葉では大事だってわかっていても、
時間や労力を投資できない

そういう要素が強くなります

じゃあ、どうすれば続けられるのか

それは、強い意志を持つことも一つの方法ですが、
共にやる仲間
結局はこの存在が大きくなります

意思よりも強いと感じています

組合員さんは、班会があったり、班があったりと、
すぐそばに仲間がいます

そんな仲間とともに、
健康づくりをできたら楽しいことですね
そんなことを思いました


今回の話などが、
少しでもお役に立てればいいなぁと思います


DSC_1520~2.JPG

DSC_1519~2.JPG

白黒って味があっていいですね



それでは、この辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~

岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田裕也
posted by 川久保病院リハビリ at 10:57| Comment(0) | 班会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする