2019年02月08日

介護士さんなどへの移乗動作の学習会

こんにちは

岩手の川久保病院リハビリテーション科で
理学療法士をしています坊主の吉田です


先月の1月のことになりますが、
介護士さんを対象とした移乗動作の学習会が行われました

講師は、リハビリテーション科の
理学療法士である竹澤隼さんです

私は、ちょっと見に行っただけなので、
写真と参加された方の感想を紹介したいと思います

CIMG6427.JPG

CIMG6445.JPG

CIMG6465.JPG

CIMG6422.JPG

CIMG6467.JPG

CIMG6448.JPG

感想(一部抜粋)

・一つひとつ、ご丁寧にアドバイスをしていただき、本当にありがたい事と思って見ておりました。移乗では、基本のボディメカニクスを軸に、姿勢や利用者の残存能力、体の動かし方など、総合的に更に理解を深めることが重要だという事を再認識しました。介護現場では、利用者の事例などを検討することはあったとしても、技術について見直していくという話し合い等があまりできていない事にも気が付きました。
・今回、すごく丁寧に一つひとつ教えていただいた事、本当に感謝しております。ありがとうございました。
・様々な疾患、身体状況を想定しての移乗の学習をさせていただきました。自分は送迎のみのパートではありますが、利用者への負担をかけずにベッドから車椅子に移乗するやり方などを見学、学習させていただきました。普段、手が出てしまう方にはどうしたら良いのかの質問などにも的確に答えていただいていたので、様々な方法があることに気づきを得ることができました。
・移乗について、他部署の方々とグループディスカッションができ、実技について立ち返ることができ、勉強になりました。竹沢さんからのアドバイスを現場で活かしていけるように、学習会に出られなかった人たちにも、しっかり伝達したいと思いました。
・最近、麻痺のある方の移乗等をやることが無かったので、久しぶりにやってみて、思い出すことができました。また是非やってほしいです。
・安全という事をやはり考えた上、基本をもとに技術をアレンジするという事についても教えていただきました。ありがとうございました。

とたくさんの感想が寄せられていました

質疑応答などの中から私たちが学ぶことも多くあります

こういう機会をくださってありがとうございました


それでは、本日はこの辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~


岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田
posted by 川久保病院リハビリ at 11:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

第21回言語聴覚士国家試験が迫る!

こんにちは

岩手の川久保病院リハビリテーション科で
理学療法士をしています坊主の吉田です

2月になりましたねぇ

そうです、2月です

2月と言えばあればありますね

そうです、国家試験

まずは、言語聴覚士の国家試験が行われます
言語聴覚士.png


理学療法士や作業療法士よりは一足早く行われることになります

また、PTやOTとの違いとしてですが、
東北の養成校も東京で試験という点です

PTやOTであれば、
仙台の試験になりますので、
移動時間が少なくて済みます

この時期の新幹線などもちょっとこわいですからね

そういう意味では、
STさんたちは大変さがあるかもしれません

当院では現時点で来年度のSTの採用はまだありません

国家試験が終わってからかなと思います

まずは、今までの学習の成果を発揮できるように、
体調は整えていけるといいんじゃないかと思います!


ということで・・・

頑張れ!受験生たち!


それでは、このへんでぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~



岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田
posted by 川久保病院リハビリ at 14:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

2019年度の組織運営協議会に参加して・・・

こんにちは

岩手県の川久保病院リハビリテーション科で
理学療法士をしています坊主の吉田です


全国的にインフルエンザが猛威を振るっていますね
また、乾燥しているということで火事などにも気を付けたいですね


岩手県理学療法士会が主催する組織運営協議会の中で、
日本理学療法士協会の副会長の一人である森本先生のお話しがありました

その中で様々なことに触れられていました

大きな項目として、
1、時代は大きくへんかしています
2、理学療法士の特性を費用対効果の観点で振り返る
3、予防領域での理学療法士の能力
4、組織力の強化

でした

多岐にわたる内容ではありましたが、
現在とこれからを考えさせられるものでした

今回は、EPDCAサイクルについてお伝えしたいと思います
スライド1.PNG

スライド2.PNG
と上記に記載のとおり、
一般的に言われるPDCAサイクルに、
評価のEvaluationを足したものがEPDCAサイクルになります

理学療法士としてこのサイクルを回していくことは、
とても大切な作業になると思います

これらについてちょうどいいタイミングで、
学ぶことができました

私たちの病院でも様々な取り組みをして、
組合員さんや患者さん、地域の方に貢献していけるようにしたいと思います


そして、新年会での一場面の写真です
DSC_4386.JPG

それでは、本日はこの辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~



岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田裕也




posted by 川久保病院リハビリ at 14:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする