2018年09月22日

仙北中学校の職場体験

こんにちは

岩手の川久保病院リハビリテーション科で
理学療法士をしています坊主の吉田です


先日、仙北中学校の2年生が川久保病院に職場体験にきてくれました
リハビリテーション科では、6名の中学生が見学に来ました

最初にオリエンテーションをしたんですが、
その際に「リハビリって聞いたことありますか?」と聞いたら、
みんな聞いたことがあるとのことでした

そして、「どういう意味か分かる人いますか?」と聞いてみたら、
「社会復帰」という言葉が返ってきました

おー、すごいですね

調べてきたのか、興味があるのかは定かではありませんが、
そうやって知ってくれているということはありがたいですね

私たちの仕事は、本来は出会わなければいい仕事だと思います

病気やケガなどがあって、入院して出会う
そういう職業になります

もちろん、スポーツや介護予防などの分野も広がっているので、
一概には出会わなくてもいい仕事とは言い切れないですけどね


9:30〜14:30という時間で来てくれました
まぁ、ほぼ1日ですね

おつかれさまです

どんな様子だったかというと・・・
IMG_2133.JPG

IMG_2136.JPG

IMG_2138.JPG

IMG_2139.JPG

IMG_2141.JPG

2人1組に分かれてもらい、
それぞれPT、OT、STの見学に入ってもらいました

いろいろと大変だったと思いますし、
緊張をしたところもあると思いますが、
なにか感じるものがあったなら嬉しく思います


いやー、中学生に職場をみてもらえるってことは、
大変ありがたいことですね

え?どうしてかって?

だって、地域に対する貢献でもありますし、
知ってもらえているということでもあります

そして、中学生にも知ってもらえる機会だったと思います

そう思うと、ありがたいことですね


リハビリテーション科では機会があれば、
積極的に受け入れていければいいなぁと感じました

後日、今回の見学の感想などが回ってくれば、
アップしたいと思います


ちなみに、みんなが反応が良かった話は、
「好き」とかって話でした



それでは、本日はこの辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~



岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田裕也
posted by 川久保病院リハビリ at 12:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

誰がやるの?

こんにちは

岩手の川久保病院リハビリテーション科で
理学療法士をしています坊主の吉田です


今日は、様子を変えてみまして、
管理についてお話ししたいと思います

川久保病院のリハビリテーション科というと、
看護部に次に人数が多い部署になっています

事務系が入れば、3番目になるかもしれませんが、
病院の職員数にしても多くの割合を占めています

管理って側面からみれば、
人数が多ければ良いかというと人数が多いと、
多様性と人数により管理が難しくなります

ですが、患者さんや利用者さんにとって、
リハビリテーションの量としては提供することができるので、
そういう意味では職員数というのは大事になります

そうして組織の中での職員数の割合が増えていくと、
患者さんや利用者さんへの提供だけでなく、
組織としての活動でも役割を担っていく必要がでてきます

「誰がやるのか?」ってなった時に、
人数が少なければ
「いや、ちょっと・・・」
「人が少ないので・・・」
と言えたものが、人数が多くなると言えなくなります

「私たちがやります」と、やっていかないといけません

もちろん大事なことは、
患者さんや利用者さんにサービスを提供することではありますが、
組織にも貢献できる
ってことも大事なことだと思います

どちらか一方だけやるってことではなく、
両輪として回していくことが必要だと感じています


これからも班会や地域活動を通して、
組合員さんと交流したり、
自分たちの知識や技術を還元しながら、
明るい街づくりにも貢献していければと思います


それでは、本日はこの辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~



岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田裕也
posted by 川久保病院リハビリ at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

見学の病院の支援の継続

こんにちは

岩手の川久保病院リハビリテーション科で
理学療法士をしています坊主の吉田です

最近は、涼しくなってきましたね

寒くなると北海道の冬の電力問題は大丈夫だろうかと心配になります
「節電」と言われても、寒い

寒くて命に関わることがあれば問題
でも、電力が・・・

なかなか難しい問題ですね

さて、県外に支援に行っている唐牛くんですが、
訳があって1ヵ月延長することになったので、
本人にあってきました

DSC_3854.JPG

元気そうな顔ですね

「支援の最初は、元気だったけど、
徐々に疲れが出てきて9時に寝ないとダメだった
今はだいぶ良くなっています」
「みなさんいい人で働きやすいので、助かっています」
「勉強になっていますが、
いないことで職場にも迷惑をかけているので申し訳ないなと思います」

という状況のようでした

唐牛くんはOT5年目ですが、
同じくらいの世代は少ないようでした

あちらの職場の人たちはいい人たちのようで良かったです

3ヵ月の支援になりますが、
一回りも二回りも成長して戻ってきてくれると思います

また、あちらの病院のよかったところもいただいて、
よりよいサービス提供ができるように努めていきたいと思います

DSC_3855.JPG
駅から病院に向かうときの道


DSC_3858.JPG
黄門さんと一緒に・・・

DSC_3863.JPG


それでは、本日はこの辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~


岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田
posted by 川久保病院リハビリ at 11:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする