2019年01月21日

2019年1月 部門別学習会

こんにちは!リハビリテーション科の西條です!!

1月の部門別学習会では
★理学療法:出張報告「脳卒中者の歩行トレーニング ー科学的根拠に基づく視点からー」
★作業療法:出張報告「運転と移動手段に関する研修会」、運転の情勢
★言語療法:発話特徴の評価

を行いました。
今回は理学療法の内容について記載していきたいと思います。


実施内容としては
・バイオメカニクスの基礎と健常歩行
・脳卒中者の歩行(概論)
・短下肢装具のバイオメカニクス
・脳卒中者の歩行(各論)

について学習を行いました。

学習会では床反力や関節モーメントの働き、ロッカー機能についての復習から始まったため、知識の再学習とともに脳卒中患者の歩行と比較して考えることが出来ました。

短下肢装具のバイオメカニクスの内容では
使用効果として
・過剰な底屈の抑制
・踵接地を促す
・立脚期の安定性の確保
・歩行速度の向上
・遊脚期の股関節、膝関節の動きとフォアフットロッカーについては効果なし

ということが言われています。

短下肢装具ではGait Solution(GS)デザインというのが主に使用されていますが、ヒールロッカーの働きが重要といわれています。
足関節背屈の遠心性収縮が促され、その後は足関節の動きを妨げないのが特徴でクリアランスの確保に繋がります。

これらの装具の効果を考えつつ、各歩行周期に対してどのような介入が必要なのか考えていく必要があると感じました!


DSCF7322.JPG
DSCF7321.JPG

DSCF7307.JPG
DSCF7308.JPG

それではまた(^^)/〜〜

posted by 川久保病院リハビリ at 18:17| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

2019年の新年のご挨拶

あけましておめでとうございます

岩手の川久保病院のリハビリテーション科で
理学療法士をしています坊主の吉田です

DSCF7254.JPG

昨年も、川久保病院のリハブログをみていただき、ありがとうございます

今年もいろいろと発信していきたいと思いますので、
なにとぞよろしくお願いいたします

猪見て矢を引くでは遅いので、2019年は何事にも早く行動していければいいかなと思います

そしてなによりも、猪〜(ちょ〜)いい年にしていきましょう!

それでは、今年もよろしくお願いします!!!

それでは、本日はこの辺でぇ
でわでわぁ(@^^)/~~~


岩手県 川久保病院 リハビリテーション科 
 理学療法士 吉田
posted by 川久保病院リハビリ at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

2018年の仕事納め

こんにちは

岩手の川久保病院のリハビリテーション科で
理学療法士をしています坊主の吉田です

28日に職場の仕事納めがありました

IMG_2171.JPG

IMG_2179.JPG
職員表彰された方がいましたが、不在のため代理の萱場主任

IMG_2181.JPG
田村院長のごあいさつ


仕事納めといっても、
リハビリテーション科では、
回復期リハビリテーション病棟は365日ですし、
一般病棟なども日曜日以外は、
運動療法を提供しています

訪問リハビリや通所リハビリはお休みになりますが、
働いている人もいます

それは、リハだけでなく、
医師も、看護も、事務も、技術職もいろいろな職種の方が、
年末年始も働いています

それは、患者さんの安全を守るためでもありますし、
医療の質を下げないためでもあります

さて、2018年を振り返ると・・・
いろいろとありました

リハビリテーション科として考えてみると・・・
北海道・東北ブロックの地協交流集会の岩手開催
は大きなイベントでした

これが無事に開催できて本当によかったと思っています

自分たちでやれるようになるまでに、8年かかりました

あれから、8年です

非常に考え深いです

他にも
盛岡医療生協の50周年
最初で最後だろう納涼祭
などなどもありました


どんな1年だったかを振り返り、
2019年はどんな年にするのか

それを考えるにはいいタイミングですね

目標って普段はなかなか考えません

また、考えたくもないって人もいます

目標は本来、自分を動かしてくれるものです

目標がない人だって、
自分では言葉にして気が付いていないだけで、
なにかしたいとか
どうなりたくないとか
いろいろな目標も持っているものだと思います

せっかくの機会なので、
言葉にして書いてみるというのもいいかもしれません

自分の声が聞こえて、目標を認識できると進みやすくなったりもします

フラストレーションを感じていれば、
その理由も分かるかもしれません

なので、目標を考えることを試してみてもいいかもしれません


「あなたはどんな2019年にしますか?」


今年もリハブログを読んでいただきありがとうございました

それでは、よいお年を!
でわでわぁ(@^^)/~~~


岩手 川久保病院 リハビリテーション科
 理学療法士 吉田裕也



posted by 川久保病院リハビリ at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする