2019年12月18日

2019年12月 リハビリ部会

こんにちは!
作業療法士の高橋です

今年も残すところあと1ヶ月となりましたね。
さて、今月のリハビリ部会は、
年代別:4年目「リハに関する医療訴訟と賠償責任保険制度について」と、
すみれセンター長の小笠原さんに、仁王ケアセンターすみれについて講義をしていただきました。

4年目の方々のお話は、
リハビリ中やケア中に起こった医療事故に関する訴訟について、事例をあげてお話がありました。
日々患者様と向き合う仕事をしている以上、他人事ではない話題でした。
可能な範囲で複数人で観察・確認を行い、防ぐことが大事だと思いました。
また、小さなミスでも共有し、対策方法を検討していくことが大切だと感じました。

仁王ケアセンターすみれでは、
小規模ならではの活動をたくさん行っていました。
一見、施設に入るとなると抵抗を感じるかもしれませんが、
そのようなご家族様・利用者様の気持ちに寄り添い、地域との関りを密に行っている活動がたくさんありました。
私は普段病院勤務ですが、患者様が退院後地域で生活することを見据えて関わろうと改めて感じました。
また入院中から、患者様・ご家族様の不安な気持ちに寄り添っていければと思います。
DSCF9944.JPG
それでは、本日はここで失礼します
posted by 川久保病院リハビリ at 17:02| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

2019年11月 部門別学習会

こんにちは!作業療法士の高橋です

今月の部門別学習会は、
理学療法「出張報告:脳画像の見方」
作業療法「MTDLPについて」
言語療法「出張報告:東北摂食嚥下リハビリテーション研修会」
について行いました。

私たち作業療法部門では、MTDLPについてグループワークを行いました。
MTDLPとは、生活行為向上マネジメントといわれます。
簡単に言うと、対象者にとって大切な生活行為(目標)と支援内容を書式化し、対象者・ご家族と目的を共有しやすくしたツールです。
リハビリってついつい”やってもらう”と思われがちですが、それを一緒に目標を共有しながらできるように「見える化」したものになります。
グループワーク形式にすることによって、より多くの先輩・後輩の意見を聞きながら自分の意見を深められるきっかけになりました。
DSCF9455.JPG

理学療法と言語療法部門ではそれぞれ出張報告を行ったそうです。
出張に行って終わりではなく、それを皆さんにアウトプットすることで、より自分の知識として深められるのではないかと感じます。
これからも、患者さんに還元できるよう、知識を深めていきたいと思います。

だんだん寒い日が増えてきました。
皆さんも体調に気を付けてお過ごしください
それでは、本日はここで失礼します
posted by 川久保病院リハビリ at 17:24| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

2019年 11月リハ部会


こんにちは😃
作業療法士の盛内です。

11月のリハ部会では訪問リハビリの実務者講習の症例検討での
発表の報告、5年目の「台風について」の報告を行いました。

訪問リハビリのスタッフが発表した症例発表では、入院していた患者さんが
訪問リハビリに繋がり、そこで階段昇降が課題であったケースが
目標を共有しながら介入をすることで階段昇降ができるようになったケースの
報告がありました。

リハビリの提供だけでなく、何がケースの問題に繋がっているのか分析して
行動変容を起こすように介入を工夫したことに対して勉強になりました。

「台風について」は破傷風のことや、台風のクイズを行い災害に対しての対策を
学ぶことができました。


DSCF9151.JPG

DSCF9816.JPG

それではこの辺で
posted by 川久保病院リハビリ at 12:04| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする