2019年11月21日

11月領域別学習会

こんにちは。理学療法士の上石です!

11月の領域別学習会では「点滴」についての学習会を行いました。
講師の先生として、病棟看護師の関口さんに時間を作ってもらい講義して頂きました。

点滴に関しては、職業上よく目にしますし点滴をしながらのリハビリもよくあるシチュエーションです。基本的に点滴を扱うのは看護師さんであり、私達リハビリスタッフは点滴を刺したりすることは出来ません。しかし、リハビリ介入時に点滴に関するトラブルを目にすることはあります。そのため、リハビリ介入時に点滴トラブルを発見した際に、適切な対応が出来るようにという意味で基礎的な知識を学習しました。

リハビリでの注意点としては、

@関節運動で刺入部の位置に影響がないか
A末梢静脈圧を超える滴下の落差が確保できているか
B筋収縮により血液の逆流が起こっていないか
Cポジショニングやトランスの際にカテーテルの屈曲や閉鎖が行っていないか
D点滴に混入される薬剤の副作用を理解する

などのポイントを確認しました。

DSCF9222.JPG

DSCF9221.JPG

DSCF9223.JPG

なかなか学習する機会の少ない内容なのでとても貴重でした。
明日からの診療で中止してみていきたいと思います。

それでは、この辺で失礼します
posted by 川久保病院リハビリ at 12:06| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

2019年10月 リハビリ部会

こんにちは!作業療法士の高橋です

先日、音楽療法士の先生をお呼びして、「音楽療法の特性・効果について」学習を行いました。
DSCF9151.JPG
音楽療法とは、「音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること」をいうそうです。
皆さんも、音楽を聴いて癒されたといった経験はあるのではないでしょうか?
音楽ってけっこう私たちの身近な存在ですよね。
学生時代、音楽に携わってきた身としては、それを運動や心理面などへ、治療として働きかけられるっておもしろいな〜と感じました。
そして、それを普段のリハビリへも生かすことで、患者様も楽しく運動できるのではないかと感じました。

今後のリハビリへ生かしていこうかと思います。
それでは、本日はこれで失礼します


posted by 川久保病院リハビリ at 12:05| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

2019年10月 部門別学習会


こんにちは!
作業療法士の盛内です✨

今回の学習会での作業療法部門では「工程分析表の活用について」
行いました。

まず目的としては、作業療法士のどの年代でも評価する視点を同じにすること
誰が生活場面を評価しても差が生じないようにすることを目的としています。

工程分析表は「食事」「排泄」「整容」「入浴」で項目が付けられており
チェックする項目も多い分、細かく評価できるため活用しながら
問題点や利点をまとめていきたいと思います!

それではこの辺で🎶
posted by 川久保病院リハビリ at 02:04| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする